スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心温まる一日

2011年3月29日、「エルムアカデミー高校部卒業生を囲む会」をはるにれ別館で行いました。

みんなで懇談

実は私がアカデミーの教員になり、初めて受け持った学年でもあったので非常に思い入れがあり、その子たちが高校を卒業するということで、何とも言えない感慨深い気持ちになりました。残念ながら来られなかった子もいましたが、私は久々の再会に心が踊り、なおかつ彼らの成長も至るところで感じることができ、ニヤケ顔になってしまっていたことは… …バレていないと願っております(笑)。

「あのときさぁ…」「いやぁ、あれは…」と、昔話に花を咲かせたり、「相変わらずだよ」「まぁいろいろあってね」とそれぞれ近況を語り合ったり。

「こんなことをこれからやろうと思っているんだ」「実は……」などと、これからの進路もお互いに確認し合ったりもしました。

最初は、久しぶりの再会に緊張で表情が硬かった子も、気づけば笑顔! 温かい雰囲気が周りに伝播して、一気にリラックスムードになりました。お互いに良く顔を合わせる子から、それこそ中学を卒業以来に会った子などもいたはずだけど、時間的な空白などは何のその、みんなが集まると自然にあのときの雰囲気や感覚に戻れてしまいます(笑)。

それに驚くと同時に、そんな関係やつながりがあるということは非常にありがたいものだし、お互いに刺激し合えるこの雰囲気はこれからも大事にしていってほしい、そう本気で思いました。

私自身にとっても、彼らと触れ合うことで気持ちが和らぐし、初心に帰ったような感覚にさせてくれるので、そういう意味でも彼らは非常に貴重な存在です(笑)。

またそれ以上に、これからも共に生きていく「仲間」として、ずっとつながっていたいなと、今回強く感じました。

高校から先の進路は様々、いろんな路が彼らを待っています。路はそれぞれだけど、お互いの「今」を確かめ合ったり、「これから」への勇気をもらったり…。そういった気持ちを確認できる場所があるというのは、「これから」を生きていく上で、すごく大きな力になると思いました。

はるにれ別館のスペースはそういった場所としての有用性や役割もあるんじゃないかと、大いに思いました。

集合写真

あれから5ヶ月、みんな元気でやっているかな? 遠くの大学や専門学校に通っている子もいれば、嬉しいことに、大学に通いつつ、教員やスタッフとして一緒に私たちと働いているメンバーも、キャンプのボランティアをしてくれたメンバーもこの中にいます。また、みんなで会える機会をつくれたらと思っています。

執筆担当 浅野

スポンサーサイト
プロフィール

menharunire

Author:menharunire
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。